logo

東北大学キャンパスガイド
Tohoku University Campus Guide

片平キャンパス
Katahira Campus

  • 東北大学発祥の地
  • エクステンション教育
  • 都心のオープンスペース
  • 片平キャンパス

    川内キャンパス
    Kawauchi Campus

  • 自然・文化・歴史との調和
  • 公園型キャンパス
  • アメニティの向上
  • 川内キャンパス

    青葉山キャンパス
    Aobayama Campus

  • 新たな学問領域の創出
  • 産学官連携強化・
    地域産業への貢献
  • 青葉山キャンパス

    青葉山新キャンパス
    Aobayama New Campus

  • 環境調和型キャンパス
  • 交流・融合型キャンパス
  • 歩行者中心のキャンパス
  • 青葉山新キャンパス

    星陵キャンパス
    Seiryo Campus

  • 21世紀医療の革新拠点
  • 最先端医療の実践の場
  • 歩行者中心のキャンパス
  • 登録有形文化財
    Registered tangible cultural property

  • 仙台医学専門学校
  • 旧制第二高等学校
  • 東北帝国大学
  • 本部棟1

    トライアングル・ビジョン(東北大学新キャンパス構想)

     東北大学は、2007年に迎えた創立百周年をさらなる飛躍への契機をし、「指導的人材の養成」「研究中心大学」及び「世界と地域に開かれた大学」を目指し、機能性、快適性、歴史性、文化性、国際性を備えた、知的創造活動や知的資源の継承の場にふさわしいキャンパス環境を創造します。

    トライアングル・ビジョン

    △クリックすると大きな画像が開きます

    まちづくりと連携するキャンパス

     主要キャンパスを青葉山・川内、片平、星陵の3つに再編することにより、学都の中心を担ってきた本学が、新しい時代に対応した仙台の学術文化拠点づくりを進めます。
     3つの主要キャンパスと仙台の既存市街地に位置する「商業業務拠点」との接点には、仙台の新しいセントラルパークとも言える一大オープンスペース(広瀬川河畔・西公園・仙台城址・青葉山公園・本学附属植物園)が存在します。
     杜の都の象徴であるこうしたオープンスペースを包み込む本学のキャンパスは、緑と都市を結びつけ、学都の新たな象徴を創り出します。

    △クリックすると大きな画像が開きます

    東北大学の歩み

     こちらより、1907年創立からの東北大学のあゆみがご覧になれます。

    東北大学キャンパスの変遷

    こちらより、1907年創立からの東北大学キャンパスの変遷がご覧になれます。

    交通・アクセス

    アクセスマップ:各キャンパスへのアクセス方法、キャンパスマップ
    キャンパスバス:キャンパス間移動のため片平〜川内〜青葉山、星陵〜川内〜青葉山間を運行しています。
    青葉山連絡バス:地下鉄青葉山駅を起点とした青葉山キャンパスを走る連絡バスです。
    仙台コミュニティサイクル DATE BIKE:仙台市内で展開しているコミュニティサイクル。片平キャンパス、星陵キャンパスにサイクルポートが設置されています。
    地下鉄・バス利用ガイド:仙台市営バス・地下鉄利用のためのガイドです。(PDF 2.1MB)

    パンフレットなど

    パンフレット:キャンパス計画に関するこれまでのパンフレットを公開しています。
    東北大学バーチャル背景集:オンライン授業やウェブミーティング用の背景としてどなたでもご利用できます。