logo

星陵キャンパス
歴史
History

>キャンパスマップ

星陵キャンパスの歴史

 星陵キャンパスの歴史は、1915 (大正4)年に東北帝国大学医科大学が開設された時から始まりますが、それ以前の1911(明治44)年には、既に大学病院の前身である県立宮城病院が整備されていました。
 キャンパス内には、医学研究科・医学部、歯学研究科・歯学部、加齢医学研究所、大学病院及び附属図書館医学分館等が設置され、地域医療の中核的拠点となっています。

MAP

県立宮城病院旧正門

 1911(明治44)年に整備された、大学病院の前身である県立宮城病院の正面入口に建てられていたレンガ造りの門。
 星陵キャンパス東側の県道264号大衡仙台線の拡張に伴い移設、貴重な歴史的建造物として、創建当時の様子が復元されています。

宮城病院旧正門

「四ツ谷用水」支倉堀跡

 かつて仙台市街を流れていた「四ツ谷用水」の、仙台市内に残る唯一の遺構。2005(平成17)年、「四ツ谷の水を街並みに!」市民の会によって木碑が立てられました。
 碑の背面には「途中で北山方面の小川を合わせながら神子町北四番丁を東流して梅田川に注ぎました」とあります。
 仙台の貴重な歴史的遺構として今後も保存する方向で検討しています。

紫色:名所・旧跡  オレンジ色:近代建築・歴史的建造物  黄緑色:記念碑